手のグーパー運動

朝目覚めてすぐに起き上がらずに、まずは手のグーパー運動を少しやってから起き上がる事をおすすめします。

目覚めたばかりは手を握る力も入りにくい状態かと思いますが、徐々に力を強くするイメージで!

手のグーパー運動だけで末梢の血流を良くする効果があり、特にこの時期で冷えが気になる方へもおすすめです!
また、指先の動きは脳への働きかけに直結しているために、朝起きてボーッとしてフラフラ歩いてトイレに、、、なんて方にも手のグーパー運動は転倒予防にも効果がありです!

ついでに足の指のグーパー運動もやりましょう!

目覚めて一番にやる動作は一日の質を高めるためにも重要です!

元気な身体を維持するための体操

お知らせ

1月20日(金)に調布市佐須町の、佐須ふれあいの家にて「元気な身体を維持するための体操」を実施いたします!
コイン料金→500円(初回限定)
UMAくん時間→2時から3時
流れ星持ち物→水分補給の飲み物

正しい姿勢と足指訓練でココロもカラダも元気に!

当日はココロもカラダも温まるプレゼントを用意してお待ちしております!


申し込みはメールにてお待ちしております!
taro529@hotmail.co.jp(吉村)

質の良い呼吸

人間の一日の呼吸数は約28000回です!

28000回の呼吸が浅いか深いかで血液の流れ、交感神経、副交感神経に大きく関係してきます。

質の良い呼吸にするためには

まず、吸うことよりも吐くことが大事で、
吐くのは細く長ーーーく。
(ストローをくわえて息を吐くイメージ)です。
すると、たっぷり息も吸えます。

実際にためしてみると、すぐに分かると思います。

そして胸郭の動き!



呼吸筋とも言われています。

よく、全力で走った後に肩で息をするといった表現がありますが、あれは肩が上下に動いている訳ではなくて胸郭が激しく動いています。

胸郭を上げ下げするストレッチは呼吸の質を上げるために重要です!

座ってる時の姿勢

前回の姿勢に続き

今回は座ってる時の姿勢です!

座ってる時と立ってる時では、どっちが腰への負担が大きいか?

正解は

座ってる時です。

立っている時に比べて座ってる時の方が腰への負担は大きいです!40%もちがってきます。

長時間座る時間が長ければ長いほど腰への負担は大きくなってきます。

タクシーの運転手さんのほとんどが腰痛もちだそうです。今度タクシーに乗った時に運転手さんに「腰痛ですかー!」と聞いて見てください。おそらく、ほとんどの方が「腰痛ですよー!」と答えてくれると思います。


では、どうしたら長時間座っていても腰痛にならないのか?お尻が痛くならないか?


ポイントは二つあります!


ニコ30分に1回は立ち上がり、両手を組んでのびをしたり、四股の姿勢でストレッチ!

にやり座ってる時はお尻一点の重心でわなくて、お尻一点両足二点の三点で重心を感じる!


これをタクシー運転手さんに教えちゃうと

運転手しながらハンドルから手を離してのびをしたり、アクセルとブレーキを踏みすぎたりと危険なので教えないで下さい。

普段の姿勢

元気な身体作りのために重要なのは
普段の姿勢!

元気な心作りのために重要なのもウインク
普段の姿勢!!

ショボーン「なんか、最近調子悪いなー」
びっくり「お腹の調子がーー」
ぼけー「腰痛いなーー」

こんな気分の時は胸を張って良い姿勢でいられるでしょうか?

ショボーン「嫌だな嫌だなー」
ゲッソリ「いやーヘコむなー」
こんな気分の時に良い姿勢でいられるでしょうか?

身体・心にマイナス要因があると
自然と姿勢も悪く

なってきます。

逆に
爆笑「なんか今日は絶好調だ!」
ウインク「なんだかワクワクしてきたなー!」

そんな気分の時に背中を丸めて下を向いていられるでしょうか?

身体と心は姿勢に連動しています!

逆も言えます!

姿勢は心と身体に連動しています!

普段の姿勢を意識してみましょう!


どんな姿勢が良い姿勢か!?

頭を高い位置に移動して下さい。


歩きだして間もない幼児のように!

幼児の身体の動かし方は人間本来の身体の使い方の勉強になります。

すぐに実践できる普段の姿勢!

頭の位置を高い位置に持ってくる意識で普段の姿勢に気をつけてみて下さい。

無意識に良い姿勢ができるようになれば心も身体も元気になれるでしょうニコ










運動・栄養・休養

「運動・栄養・休養」

元気な高齢者になるために必要な条件です。

最近いらした新しいご利用者に初回通所後の身体状況を確認したところ

「少し疲れましたが、自宅に帰ってからご飯が美味しく食べれるようになりました!運動するって大事ですね。

私たちも休日で一日家にいてゴロゴロしていて食べるご飯と、適度な運動をしてから食べるご飯では違いは歴然ですね!

そのご利用者、2回目の通所後は
「今日はぐっすり眠れます」と笑顔で帰宅されました(*^_^*)


運動・栄養・休養

高齢者に関わらず、アラサー、アラフィフの方にとっても健康な身体作りのための条件です。

この3条件、全てバッチリという方は10人中1人若しくは2人くらいではないでしょうか。

ウシシ




朝の送迎車内にて

本日、デイサービスの朝の送迎車内にて86歳の女性と93歳の女性へ
「元気に長生きの秘訣って何ですかね−?」と質問をしてみた。

答えは

「楽しいに入って楽しむことかな〜」


送迎車内の皆さんが共感

元気は気からですね!!!